カードキャッシング・ローン比較サイト
このサイトをお気に入りに追加する | 相互リンク | サイトマップ | 運営者情報/免責事項
短時間で学べる!ブラックリストQ&A
Q&Aキャッシングブラックリストって何?

 実際には、「ブラックリスト」と呼ばれる公式なリストは存在しません。単なる俗称で、勝手に「ブラックリスト」と呼ばれているだけです。一般に、金融機関からお金を借りたり、カードで買い物した場合のブラックリストと呼ばれるものは、業者からお金を借りたり、クレジットを組んだ後に「長期延滞」や「契約不履行」や「法的整理」などの、いわゆる「事故」として扱われた情報が、その金融機関の加盟している信用情報機関に登録され、それらの「事故」として登録されている情報の事を指します。悪質な債務者を排除して業者の損失を防ぐ事や、過剰な貸付を防止して多重債務者を増やさない目的で信用情報機関に事故情報として登録されるものです。


Q&Aキャッシングブラックリストに対して「ホワイトリスト」ってあるの?

 これもまた俗称という事で、「ブラックリスト」が事故情報であるのに対し、「ホワイトリスト」を無事故情報と呼ぶ事があります。無事故という事で、何の問題もないように思われますが、一概にそうとも限りません。例えば、借入件数が多ければ、たとえ遅滞なく返済され続けていても、多重債務者である事には変わりませんので、新たな融資の審査の際には影響します。「消費者金融のホワイト情報が10件あった」などという事が分かると、銀行の住宅ローンの審査などでは融資が難しくなります。
 また、信用情報機関に何も登録されていない「真っ白な状態」では、これはこれであまり信用がつかず、いざカードを作ろうとした時に作れないことがあります。例えば、住宅ローンや自動車ローンを一度も組んだことがない人や働き盛りの社会人であるにもかかわらずクレジットカードを1枚も持っていないような人は、一般的にみて極めて少数派であり、姓名や生年月日などを偽っているのではないだろうか?とか、コンピューターに登録されてはいないけれども過去に事故歴があるのではないだろうか?などと逆に疑われてしまう事もあるようです。


Q&Aキャッシング何をやったらブラックに登録されるの?

 一般的に、「長期延滞」や「弁護士介入による任意整理」、「調停」、「個人民事再生」、「自己破産」などの、金融系の会社に不利益を被らせた場合に事故情報として登録されます。また、延滞していなくても、利息制限法引き直しによる過払い金返還請求などを行なった場合も、契約不履行を理由にブラック登録される事があるようです。


Q&Aキャッシングブラックになるとどういう制裁を受けるの?

 銀行のローンや自動車のローンなど、ローンが組みにくくなります。これは、業界の自主規制によるものです。また、クレジットカードを作ろうとしても審査に引っかかり作れない事が殆どです。さらに少数ではありますが、賃貸住宅の不動産屋さんが家賃の決済に信販会社を利用している場合は、賃貸住宅での申し込みで引っかかる事があります。
 法律で国が定めた制裁措置ではありませんので、それ以上の社会的制裁はありません。例えば、ブラックを理由に会社をクビにしたり降格処分にしたりするのは、労働基準法に抵触する可能性もありますので、常識のある職場にいる限りはまずクビになる事はありません。また、就職や転職が不利になる事もありません。
 ブラック情報は、長期延滞の場合5年、調停や任意整理、裁判和解などの場合も5年、失踪や放置5〜10年、個人再生手続き5〜10年、自己破産も5〜10年、残る事になります。


Q&Aキャッシングブラック情報は何年で消えるの?

 それぞれ、情報が登録された日からの経過年数で異なります。自己破産は、破産宣言日や免責確定日がはっきり決まっているので、登録されるのがその前後となり、ブラックが消える日が分かりやすいと思われます。しかし、夜逃げや失踪、返さず放置などをした場合や、任意整理や特定調停で長期分割返済の和解をした場合などは、業者によって、延滞が発生した日に事故情報を登録するのか、分割で返しきってから事故情報を登録するのかが、まちまちとなっていますので、特定しにくいものとなっています。
 延滞や任意整理、特定調停などの場合は、登録された日からだいたい5年かかります。また、自己破産や個人版民事再生法の場合は7〜10年に延びる事があります。


Q&Aキャッシング信用情報機関ってどんなところ?

 金融系の信用情報機関は、主要なところで5箇所ほどあり、加盟している金融機関やカード会社などから寄せられた顧客情報を事実のままに登録、管理する機関の事です。
 以下は主要な信用情報機関5箇所です。

  • 「CCB」(株式会社シーシービー)・・・クレジットカードから消費者金融までの横断系
  • 「CIC」(株式会社シー・アイ・シー)・・・クレジットカード、信販系
  • 「テラネット」(株式会社テラネット)・・・銀行から消費者金融までの横断系
  • 「全銀協」「KSC」(全国銀行協会)(全国銀行個人信用情報センター)・・・銀行系
  • 「全情連」「情報センター」(全国信用情報センター連合会)(「全情連」加盟の情報センター)・・・消費者金融系(全国に33ヶ所 )
 個人信用機関は、過剰貸付の防止と多重債務者の未然防止を目的としていますので、思想や趣味などプライバシーに関わる事などを勝手に調査される事はありません。また、点数をつけて評価することもないので安心です。個人信用機関は、銀行、クレジット、消費者金融の業界毎に自主的に設置、運営されています。
Q&Aキャッシングブラックになると本人宛てに通知が来るの?

 全銀協だけ、ハガキで通知してくれます。そこには事故情報記載の理由や事故情報の記録が○年間残りますなどといった説明が書かれています。その他、全情連、CIC、CCB、テラネットなどの信用情報機関からは、本人宛ての通知はありません。本人から開示請求があった時にしか開示されません。


Q&Aキャッシングブラックかどうかは自分で調べられるの?

 個人の信用情報は、本人が身分証明書を用意して開示請求すれば調べる事が出来ます。どの信用情報機関でも全部開示してくれます。開示請求の申し込み方法は、郵送でのやり取りや各信用情報機関に直接行って開示請求するなどがあります。遠方の方でも、全国各地の支部に開示請求コーナーがありますので、比較的簡単に入手する事が可能です。


Q&Aキャッシングブラックは他人に知られるの?

 個人の信用情報は、ローン契約申し込みの際の判断材料として使用する以外には、どんな理由があっても、勝手に見る事は許されませんので、職場や家族に知られる事はありません。お金を借りる際に、申込書にある「個人情報の収集・利用・提供および登録に関する同意」という条項に署名捺印した事で許可したカード会社や信販会社、銀行しか見る事は出来ないものとなっています。


Q&Aキャッシング夫がブラックになると妻もブラックになるの?

夫がブラックとなっても、それは個人の問題なので、妻もブラックになる事はありません。あくまでも、ご主人個人の情報となります。


Q&Aキャッシングブラックになっても就職や進学にも影響しない?

 信用情報機関の事故情報は、金融機関やクレジット会社などの与信判断や審査の参考資料として利用されているだけですので、就職や進学に影響する事はありません。
 また、子供さんの進学や就職にも直接的な影響は全くありません。将来、お子さんが社会人になった時にカードを作る場合も、何の問題もなく作る事が出来ます。


Q&Aキャッシングブラックになるとすべてのクレジットカードを没収されるの?

 クレジットカードを没収されるかどうかは、各業者の判断に委ねられています。基本的に、延滞や債務整理などによって直接迷惑をかけた相手先のカードは、使用不能や解約、カードの取り上げとなりますが、正常な返済をしているカードやほとんど使っていない他社のカードなどは、直接迷惑をかけていないという事で、そのまま使用出来る場合も多いものとなっています。


Q&Aキャッシングブラックになると返済中の住宅・自動車ローンも一括請求されるの?

 絶対に大丈夫という保証はありませんが、普通、正常にローンを返済している限り、たとえ他社で事故を起こしてブラックとなっても、その事が原因で一括請求されたりする事はほとんどないと思われます。


Q&Aキャッシングブラック情報を消す方法はあるの?

 ブラック情報は信用情報機関が自ら調べて載せているわけではなく、業者が事故情報を載せるかどうかの判断をしているものです。コンピューター管理で完全自動的に載るわけでもないので、登録されている内容に誤りがあれば、修正を申し出る事が出来ます。
 なお、インターネットなどで見かける「ブラックを消す方法、情報料○○万円にて」などという広告は、悪徳業者のケースが多いので、簡単に信用しないように注意して下さい。


Q&Aキャッシングブラックにならない方法はあるの?

 契約をきちんと守って、契約どおりの返済をしていれば、ブラックにはなりません。なお、業者にもよりますが、クレジットカードの場合には1ヶ月以内の延滞で延滞情報が登録される事はあまりないようです。延滞が数ヶ月にもなり、一括請求通知が来るようになった場合には注意が必要です。

ページトップへこのサイトをお気に入りに追加するサイトマップ | 運営者情報/免責事項
グループサイト:
保険用語を簡単チェック  /  金融用語を簡単チェック
キャッシング比較サイト  /  カードキャッシング・ローン比較サイト

  カードキャッシング・ローン比較サイト
  Copyright(C)カードキャッシング・ローン比較サイト 2006. All Rights Reserved
  著作権はカードキャッシング・ローン比較サイトに属します。
  当サイトに掲載されている記事や画像などの無断転載を禁止します。