カードキャッシング・ローン比較サイト
このサイトをお気に入りに追加する | 相互リンク | サイトマップ | 運営者情報/免責事項
短時間で学べる!ヤミ金融Q&A
Q&Aキャッシングヤミ金融業者の種類は?

 出資法5条2項に定められている、上限金利の年率29.2%を超える超高金利で貸付けを行う金融業者を、貸付業登録の有無にかかわらず総称してヤミ金融業者と呼んでいます。
 また、一部の提携弁護士や司法書士と組んで、暴利を貪る整理屋や紹介料などの名目を使い自らは貸付けを行わずに金を搾取する紹介屋、換金性の高いパソコンやデジカメなどの商品を安価で買い取る換金屋など被害は広がっており、問題となっています。


Q&Aキャッシング紹介屋・換金屋って?

 自らは融資をする事なく、他の業者を紹介し、その紹介料という名目で融資を希望する者から高額な手数料を取るのが紹介屋です。さらに悪質なのは、実際には何も口利きをせずに審査の甘い業者を教えているだけの場合です。多くは折り込みチラシや雑誌、スポーツ新聞などに「低金利一本化」などと広告を掲載し、その言葉で引き付けて多重債務者を勧誘するものです。広告に記載されている金利や貸金業登録番号が虚偽の場合も多々あります。また、低金利をうたい文句にした広告で勧誘しているので、消費者金融業者に対する借入れはほとんどない状態で申し込んでいる被害者も多くなっています。
 換金屋も同様に、自らで融資をする事はなく、換金性の高いデジカメやパソコンなどの電化製品をクレジットで購入させ、それを安価で買い取るというものです。それにより、被害者にはクレジットによる債務が残る事になり、最終的には負債総額を増やしてしまう事になります。


Q&Aキャッシング短期業者って?

 ヤミ金融業者で最も多いのは、「短期業者」と呼ばれる高利貸金業者で、貸金業登録をしている業者以外に無登録の業者も増加しています。いまや、東京以外の都市でも同様の手口で行なう業者が増えています。
特徴は以下のようになっています。

  1. サラ金利用者や延滞者、破産者などをターゲットにして電話やダイレクトメールなどで融資の勧誘を行います。勧誘を受けた業者から一度でも借入れをすると、他の業者からの勧誘が続々と入るようになります。
  2. 金利が出資法の範囲内である事や、借りやすさなどが特に強調されたダイレクトメールでの勧誘を行ないます。
  3. 金額は5万円程度の小口の貸付ですが、取引が繰り返される事で、十数万円というような高額になることも稀にあります。
  4. 口座振込によって貸付けが行われ、契約書などは一切交付されません。また、地元の短期業者などでは、パチンコ店の駐車場などの指定された場所で貸付けが行われる場合も多く、こういったケースでは、まったく書面が残されない事になります。
  5. 支払いについても銀行振込みがほとんどです。地元の短期業者などでは、貸付けと同様に、パチンコ店の駐車場などの指定された場所で返済が行われる場合も多く、こういったケースでは、領収書も交付されません。
  6. 返済は7日または10日のサイクル制が多いものとなっています。サイクルごとに元本の5割から8割という異常な金利を払わされる為、完済するには2倍〜4倍の金額が必要となります。
  7. 返済の前日確認を行う為、支払日の前日に電話が入り、それと歩調を合わせて他のヤミ金融業者からの融資勧誘がしつこく行われます。中には強引な業者もいて、押し貸しと呼ばれる手口で勝手に金銭を振り込んでくる場合もあります。
  8. 借入れの際、情報提供を求められるものの中に、勤務先や家族、父母、兄弟姉妹、家族の勤務先、携帯電話番号などがあります。
  9. 1日でも支払いが遅れると、利息と称して上積みした金額を返済するように迫ってきます。さらに、電話は昼夜を問わず、「会社にいられないようにしてやる」とか、「親戚中にばらすぞ」などと恐喝したりします。
  10. さらに支払いが滞ってくると、職場の上司には「とんでもない奴を雇っている」とか、親戚には「金を払え」などと恐喝も行ないます。このようなヤミ金融業者は東京を中心に全国で猛威を奮っており、増加を続けています。その為、被害者は数知れません。しかし、弁護士や司法書士が中に入り、表に出そうとなると深追いはせず、ほとんどの場合、取立てをやめます。こういった犯罪者はヤミの存在で、法が行き届いた表の社会に出る事は極端に嫌うものです。
  11. 空貸しとよばれる手口も、最近では激増してきています。ヤミ金融業者の被害にあった者に対して、突然聞いた事もない業者から「あなたが借りた業者から債権譲渡を受けました」などと金銭を要求する手紙や電話がくるものです。どの業者から債権譲渡を受けたかという事すら明確にせず、ただ恐喝のみを繰り返したりします。
  12. ヤミ金融業者間で、情報交換がされていますので、ヤミ金融に一度でも手を出してしまうと、次々にヤミ金融業者の餌食となって、わずか数ヶ月程で何十件ものヤミ金融業者に手を出す結果となる事も少なくありません。

Q&Aキャッシング整理屋って?

 チラシや折り込み広告、スポーツ新聞などで、「借金の一本化を行い、まとめて整理します」などという事をうたい文句に勧誘し、債務整理に介入して利益を得る業者の事をいいます。例えば、多重債務者を勧誘し、「よい法律事務所を紹介します」などと法律事務所を紹介したりします。また、こういった整理屋と提携して、彼らに名義貸しをしている弁護士の事を「提携弁護士」と呼んでいます。そして、その紹介された法律事務所では、弁護士が対応するのではなく、「事務長」などの肩書きをもった整理屋が出てきて、「こちらから業者に返済しますので、毎月○○万円ずつ、振り込んで下さい」などと金銭の要求をしてきます。ところが、要求どおりに金銭を振り込んでも、そのうちのほとんどは整理屋や提携弁護士などが取得してしまうので、債務の支払いには、ほんの一部しか充てられません。そのため多重債務者は、金銭を支払うばかりで債務の総額は一向に減っていかない事になります。このような行為は、弁護士法に反する違法行為であり、司法書士の場合でも司法書士法に反する違法なものです。


Q&Aキャッシング090金融・携帯金融って?

 携帯電話だけで融資を行う事から、このような名称が付けられていますが、すべて無登録業者です。電柱やガードレールなどに「ブラックOK」などをうたい文句として携帯電話番号のみを記載した、看板や張り紙を貼って、顧客を集めています。被害者は、相手の携帯番号しか知りませんが、業者は被害者の勤務先や家族構成などの情報を得ており、無登録業者である事などから、被害の回復はかなり難しいものとなっています。 また、短期業者から情報が流れているようで、突然、短期業者を利用している者に、電話がかかってきて、融資の勧誘をしてくる場合も少なくありません。


Q&Aキャッシングシステム金融って?

 中小零細企業者をターゲットに、違法な金利を請求するもので、債務者の作り出した手形や小切手を決済手段とします。融資の勧誘は、ダイレクトメールやFAXで行います。登録業者と無登録業者とが混在する貸金業者です。
以下はその特徴です。

  1. システム金融の最も特徴的なものは、手形や小切手を担保に取るという所で、被害者は手形や小切手の不渡り、銀行取引停止処分を恐れて、返済を継続させてしまう結果となります。また、手形や小切手の受領は、郵便局で局留めにして行われ、貸付金の交付や決済は、銀行の当座預金を利用して行われている事が多い為、業者の特定が困難となります。さらに、電話番号や住所を数ヶ月単位で変更しているケースも多いので、業者の正確な住所氏名すら不明瞭となる事があります。
  2. 契約締結時に、債権譲渡通知書や白紙委任状などといった重要書類を業者に取られます。
  3. 違法な高金利を指す俗語に、10日で1割の「トイチ」とか、10日で3割の「トサン」という言葉がありますが、これらの金利を大幅に上回る超高金利が圧倒的に多いものとなっています。
  4. ターゲットは、過去に商工ローン業者などの高利金融を利用した自営業者などで、大量のダイレクトメールやFAXなどによる勧誘を行っています。そのダイレクトメールやFAXには、違法な金利は一切表示されておらず、「担保、保証人不要」などといった審査の気軽さのみが強調されています。
  5. 組織化された業者間で情報交換が行なわれているのだと思われますが、一度1社から借りると、他社から大量のダイレクトメールやFAXが送付されてきます。そうした融資の勧誘は、タイミング的に返済日前後に積極的に行われますので、明らかに意図的に勧誘していると思わざるを得ません。そして多くの被害者は、システム金融の超高金利を支払う為に、他のシステム金融業者から借りるという自転車操業に陥る事となってしまい、複数の業者に対して違法な金利を支払い続けていく結果を招いてしまいます。
  6. 手形や小切手などの担保をシステム金融に取られているという事実に加えて、執拗な取立行為を行なう事で被害者は恐怖心を抱き、違法な金利を支払い続けてしまう結果となっているように思われます。

Q&Aキャッシングチケット金融って?

 「金券代金後払いOK」との勧誘をスポーツ新聞などの広告を使って行っている業者の事です。しかしながら目的は、出資法の上限金利規制を脱法する事で、金券の売買は仮装しているにすぎません。つまり、このような金券の売買契約は、実質的には金銭を貸し付けているもので、業者は債務者に対して金券を買わせ、それを換金屋に買い取らせ、数日後に売買代金を支払わせるという方法で、年数千パーセントにものぼる暴利を取っています。例えば、次のような手口です。金券屋で、額面2000円のチケット100枚(その代金20万円)を1週間以内で支払う約束で買い取ります。この際に被害者は、免許書や保険所のコピーを取られたうえで、申込書や契約書に署名させられます。そして他の金券屋で、1枚1500円で換金する事によって15万円の現金を受領する事ができるようになります。しかし、1週間後には最初の金券屋に対して、20万円の支払をする必要がある為、受領した15万円に対し、結果的に1週間で5万円の利息を支払う事となります。これらの事は、貸金業法や出資法に違反しており、公序良俗違反となり、売買契約は無効であるといえます。


Q&Aキャッシング年金担保金融って?

 年金生活者を食い物にする違法業者で、年金を担保に取り融資を行ないます。年金融資や年金立替などの広告を出し、年金証書や銀行の預金通帳、銀行印、キャッシングカードなどを預かるものです。金融庁事務ガイドラインでは、貸金業者が「運転免許証、健康保険証、年金受給証などの債務者の生活上必要な証明書などを徴求する事」を禁止しています。社会福祉医療事業団のような公的金融機関でも、国民年金法24条や厚生年金法41条1項によって、年金を担保にとって融資を行うことを禁止しています。年金を確保する為には、悪質な業者に対して、まず金融庁事務ガイドラインなどを根拠に年金証書の返還を求め、また、振込口座の変更や解約などの手続を行う必要があります。そして、利息制限法所定の金利に引直計算を行って、過払金の返還を請求する事となります。


Q&Aキャッシング家具リース・自動車リースって?

 出資法の金利規制を脱法する目的で、債務者の家財道具一式や自動車などを買い取り、これを債務者に貸与するリース契約を締結し、債務者から高額なリース料を取り立てるもので、チラシやスポーツ新聞などで勧誘を行っている違法金融業者の事です。こうした業者は、出資法違反が問題になった際に金銭消費貸借契約ではなく、家財道具や自動車のリース契約であるので、リース料は利息ではないと主張をします。しかし、その実質は、違法金利を取る為の違法契約なので、公序良俗違反を理由に無効を主張する事が出来ます。

ページトップへこのサイトをお気に入りに追加するサイトマップ | 運営者情報/免責事項
グループサイト:
保険用語を簡単チェック  /  金融用語を簡単チェック
キャッシング比較サイト  /  カードキャッシング・ローン比較サイト

  カードキャッシング・ローン比較サイト
  Copyright(C)カードキャッシング・ローン比較サイト 2006. All Rights Reserved
  著作権はカードキャッシング・ローン比較サイトに属します。
  当サイトに掲載されている記事や画像などの無断転載を禁止します。